ワインに合わせたいコストコのナチュラルチーズを紹介します。

コストコチーズ

コストコでワインに合うナチュラルチーズを紹介します。コストコで買うべきものは、ワインとチーズと肉!

 

ワインに合わせたいコストコのチーズ

この記事で紹介するのは、アメリカの工場で作られる大量生産のチーズではなく、ワインに合わせられる美味しいナチュラルチーズです。

美味しくて、料理にも使え、大好きなチーズ達。そのまま食べておつまみにしても美味しいし、イタリアのチーズはパスタにも使います。

コストコのチーズは、どれも市販より安いです。すごくレアなチーズとか、超長期熟成の高級チーズは売っていないですが、家で楽しむには十分なものを、コスパ良く買うことができます。

残念ながらコロナ前より販売している種類が減ってしまいました。ですが、ハード系はまだ充実しています。特にフレッシュ系と白カビ系の種類が減っています。ウォッシュ系もあまり見かけません。元のように戻る日が来るのを祈っています。

ではひとつずつ紹介します。

ハード~セミハード系チーズ

主にナイフや包丁でカットして食べたり、料理に使ったりするタイプ。熟成させるほどにうまみが増していきます(≧▽≦)

コストコのハード系チーズはどれも3段階でいうと真ん中くらいの熟成期間。ワインでいうと、ブルゴーニュの村名クラスを5年寝かせたところってくらいでしょうか。かなり美味しくなってくる頃合いで販売されています。

ミモレット 12ヶ月

イズニー ミモレット(12か月熟成)300g
商品名 MIMOLETTE VIELLE 12MONTHS FRENCH
生産地 フランス
内容量 300g
価格 ¥1,198
組み合わせ 軽めの赤ワイン

特徴的なオレンジ色のチーズ。濃厚なコクとうまみとカラスミのような独特の風味が特徴。
シロンというダニが皮のボコボコのなかにいて、この風味を作り出す手助けをしてくれてます。

2ヶ月~24ヶ月までさまざまな熟成度のものが市販されていますが、コストコのは12ヶ月熟成で、ヴィエイユと呼ばれるころまで熟成が進んでいて、濃厚なコクと旨みがワインにピッタリです!

市販のミモレット12ヶ月は100gで1,500円くらい。コストコのミモレットはその1/3くらいの値段なので、本当に激安です。

合わせたいワインは軽めの赤

軽いピノノワールや、ボジョレーヌーヴォーで有名なガメイがおすすめ。コストコのワインならジャフランのピノノワールなど。

実食記事はこちら↓

 

パルミジャーノ・レッジャーノ 24ヶ月

パルミジャーノ レッジャーノ 24ヶ月熟成
商品名 KS Parmigiano Reggiano
生産地 イタリア
内容量 680g
価格 ¥2,503
組み合わせ 軽めの赤ワイン ランブルスコ

コストコのプライベートブランド、カークランドシグネチャーのパルミジャーノレッジャーノです。

オシャレなイタリア料理屋さんだと、かたまりのまま削ってくれたり、切り株状の巨大なかたまりの上にあつあつのリゾットを乗せて、削って出してくれたりする、アレです。

粉チーズとして料理に使うのもよいですが、美味しすぎるのでカットしてそのまま食べるのが好き。
しっとり触感、濃厚なうまみ、ホロホロした触感、長期熟成によってアミノ酸のかたまりができていて、少しシャリっとします。

パルミジャーノレッジャーノは値段の変動がけっこうあって、今回は高かったです。それでも市販より3割くらい安いかな。

合わせたいワイン

軽めの赤ワインが合います。特にチーズと同じイタリアのスパークリングの赤ワイン、ランブルスコ。コストコにも美味しいランブルスコが売っていますのでそちらがおすすめ。

粉チーズにしてパスタに使ったときは、そのパスタソースの色と合わせてワインを選べば大丈夫です(*^^*)

 

ペコリーノ・ロマーノ 9ヶ月

ペコリーノ・ロマーノD.O.P
商品名 KS Pecorino Romano
生産地 イタリア
内容量 518g
価格 ¥2,187
組み合わせ パスタやサラダに使うのがおすすめ

ペコリーノロマーノも、値段の変動が大きくて、買ったときは高かったです。パルミジャーノよりグラム当たりは高かったですね。

使い方は削って粉チーズにするのが一番です(*‘∀‘)パスタにはとくにこれ。パルミジャーノより塩気が強く、コクと旨みは控えめなのですが、それがパスタの他の具材の味をうまく引き立てるちょうどいい塩梅なのです。

前はパルミジャーノより少し安い、グラナパダーノを使って、おつまみもパスタも兼用していたんですが、いちどペコリーノで作ると美味しくて…特にカルボナーラやクリーム系パスタが絶品になります。ただ塩気が強いので、塩加減気を付けないといけません。ペコリーノロマーノを使ってパスタを作るときは、塩をいつもより控えめに。

高かったけど、それでも市販より3割くらい安かったです。

合わせたいワイン

ペコリーノロマーノで、濃厚なクリームソースのパスタを作ったら合わせたいのが、コクのある白ワイン。コストコにはコクのある白ワインがたくさん売られています。

定番のヘスのシャルドネや、箱ワインのハーディズもおすすめです。

実食記事はこちら。パスタに使うと美味しくて、スーパーの粉チーズには戻れないです↓

 

ジャージー乳熟成ゴーダチーズ 4-5ヶ月

ランダナ ジャージー マイルド ゴーダ
商品名 Landana Jersey Gouda Mature
生産地 オランダ
内容量 300g
価格 ¥1,258
組み合わせ コクのある白 コクのある赤

ジャージー乳をチーズにして熟成させたなんて、こんなの美味いに決まっている(*^^*)

ゴーダチーズは日本で市販されてる普通のプロセスチーズのモデルになったチーズ。なので、風味がどこか似ているものの、超濃厚なミルク感とうまみは比べものになりません。

コストコの熟成ゴーダチーズの価格は、市販の同じものの半額です。とてもお買い得(*^^*)

合わせたいワイン

キャラメル感があって、コクのあるチーズなので、ワインもコクのある赤と白どちらを合わせても美味しいです。コストコのワインなら、ボーリュー・ヴィンヤードのシャルドネや、シックス・エイト・ナインなど。

開封していただきました!急いで食べたのでアレンジメニューはなし。おつまみでいただきました!濃厚なキャラメル感がたまらーん!

 

ヴィンテージチェダー 15ヶ月

ワイクファームズ アイヴィーズ ヴィンテージ リザーブ チェダー チーズ
商品名 Ivy’s Vintage Reserve Cheddar
生産地 イギリス
内容量 500g
価格 ¥1,258
組み合わせ コクのある白

チェダーチーズといえば、ハンバーガーやサンドウィッチに挟まっている、濃厚なチーズが思い浮かびます。コストコにもレッドチェダーとホワイトチェダーが、1キロの巨大なかたまりで売られています。あれは工場で作られた大量生産品。それはそれで美味しいけど、このチーズは別格。

昔ながらの、農家の作り方で作られている本物のチェダーチーズのうちのひとつで、アイヴィーおばあちゃんの秘密のレシピを守って作られています。その濃厚な味は、イギリスやるじゃんって唸る美味しさ。

15ヶ月熟成で、アミノ酸のシャリシャリがあります。ホロホロ崩れるのに食べるとクリーミーで、深いコクとうまみがあって本当に美味しいです。

コストコのヴィンテージチェダーの販売価格は、市販のほぼ半額です(*^^*)安いですね~

合わせたいワイン

そのままおつまみに食べるなら、コクのある白ワインがぴったり。コストコのワインならベリンジャー ファンダーズのシャルドネや、ボーリュー・ヴィンヤードのシャルドネ。ハンバーガーに挟んだり、ハンバーグに乗せて食べるのならコクのある赤ワインと合わせると美味しいです。コストコのワインなら、マイケル・デイビットなど。

実食記事はこちら↓ハンバーグに乗せてとろけさせても絶品!

 

コンテ 9-14ヶ月

コンテ 12ヶ月以上熟成
商品名 Badoz Comte
生産地 フランス
内容量 300g
価格 ¥1,528
組み合わせ コクのある白

今日買ったハード系チーズの中では一番まろやか。強い赤ワインと合わせると負けてしまいます。弾力のある触感で、優しいコクと旨み、ふんわりとナッツの風味がします。

コストコのコンテは皮つきですが、この皮部分はなんだかね…、動物園の匂いがします( ̄▽ ̄)モロモロした何かで皮ができていまして、それが動物園のかおりなのです。クサッてなるので、買ったらすぐに皮は取り除きます。

本体も、うっすらその香りがするけど、ワインと合わせるか、加熱して食べるとすごく美味しいです。

コストコのコンテの販売価格は、市販のものより3割以上安いです(*^^*)

合わせたいワイン

ナッツの風味があるワインなので、本当はブルゴーニュのムルソーと合わせたいところですが、ムルソーは高いので…、お手頃なブルゴーニュのルイジャドや、ジャフランのマコンヴィラージュがおすすめです(*^^*)

実食記事はこちら。おつまみのほか、ベーコンと卵、生クリームと合わせてオーブンで焼き上げて、朝ごはんにしました。美味しかった~!

  

ベラヴィターノ カベルネソーヴィニヨン

カークランド カベルネ・ソーヴィニヨン BELLA VITANO チーズ 454g
商品名 BELLA VITANO Cabernet Sauvignon
生産地 アメリカ
内容量 450g
価格 ¥1,838
組み合わせ カベルネソーヴィニヨンなど重めの赤

皮の部分が赤ワイン色に染まった紫色と、中の白さのコントラストが特徴的なハード系チーズ。生産地はアメリカですが、イタリアの伝統的なチーズの生産方法を模して生産されています。熟成期間は10~12ヶ月で、ちょうど旨みが乗って美味しくなった頃に合わせて出荷されています。


原材料は牛乳で、口に入れた瞬間はパルミジャーノレッジャーノのような旨みとカベルネソーヴィニヨン由来のカシスやプラムの香りを感じますが、しばらくすると濃厚なミルク感と旨み、熟成からくる旨みのかたまりのシャリっしたアミノ酸が特徴の、とても美味しいチーズです。

また、赤ワインではなく、エスプレッソに漬けたものがチーズ専門店で販売されています(*^^*)そっちも美味しそう。アメリカ本国では、黒こしょうやハーブ&スパイスなど、いろんなフレーバーが販売されています。

ベラヴィターノカベルネソーヴィニヨンは、ごく一部のネットショップで販売されていますが、100gで1000円程。コストコの販売価格は450gで1,850円で半額以下で、とてもお買い得です(*^^*)

合わせたいワインはカベルネソーヴィニヨンなどの赤

口に入れた瞬間にカベルネソーヴィニヨンからくるカシスやプラムなどの香りがします。たまらん(≧▽≦)クリーミーで濃厚なうまみがありますので、これを生かして、合わせるワインも赤ワインがおすすめ。

コストコにはカベルネソーヴィニヨンがたくさん売っているので、その中から選べば間違いないですが、カベルネソーヴィニヨン以外にも、濃い赤ワインならなんでも大丈夫です。

メルローもブレンドされていますが、なかなか上質なムートンカデのルージュや

こだわってアメリカ同士で合わせるならナパのカベルネソーヴィニヨンなど(*^^*)

ボジョレーヌーボーや軽~いピノノワールのような軽いワインだと、ワインが負けてしまうかもしれません。

イタリアの赤やオーストラリアのシラーズなども合いますよ!

実食記事はこちら。赤ワインのおつまみがやはり美味しいですが、サラダにトッピングすると赤ワインに超合うサラダになります!

フレッシュチーズ

フレッシュチーズは熟成させていません。乳酸菌で固めて水分を抜いた状態のチーズ。日持ちしないものも多いので、あまりたくさんの種類は買ってきません。今回は2種類。

暑くなってくると爽やかなワインとフレッシュチーズが食べたくなるんですけどね(*^^*)

フレッシュシェーブル プレーン

ソワニョン フレッシュ シェーブル プレーン
商品名 Soignon Chevre Plain Goat’s Cheese
生産地 フランス
内容量 125g×2個
価格 ¥1,528
組み合わせ スッキリ白

爽やかな酸味と、まろやかなミルク感がある、ホロホロしたヨーグルトのようなチーズです。

そのまま食べるより、ヨーグルト感を生かしてハチミツとクラッカーに塗ったり、柑橘と合わせて食べるのが美味しいです。

コストコのフレッシュシェーブルチーズは、市販価格より1割くらい安いです。

合わせたいワイン

スッキリした白ワインとよく合います。(*^^*)前菜のサラダに散らしたり、ハチミツと合わせたり料理のアレンジはいろいろですが、ピノグリージョやソーヴィニヨンブランがおすすめ。コストコのワインで選ぶなら、カークランドのピノグリージョ、カークランドのサンセール、ヘイシェッドヒルのソーヴィニヨンブランなど。

食べました!バゲットに乗せてハチミツとハーブをかけて焼いたシェーブルショーが最高に美味しかったです。

オーガニック フェタ

オーガニック フェタチーズ P.D.O 30g×10個
商品名 ROUSSAS Organic Feta
生産地 ギリシャ
内容量 30g×10個
価格 ¥1,148
組み合わせ スッキリ白

塩気と酸味があって、ぽろぽろした食感のチーズ。

主にトマトとオリーブオイルと合わせてサラダに使います。

30gずつの小分けになっていて賞味期限も長いので、常備しておいて、特に暑くなってきてトマトが美味しい季節になるとサラダにしてよく食べます。1パックでトマトサラダ2人前くらい使えます。

他にも、手作りピザでクワトロフォルマッジを焼くときにも散らすと、酸味と塩気がアクセントになって激ウマです。

合わせたいワイン

ギリシャのチーズなので、ギリシャの白ワインがあればそれに合わせればOKです。チーズの使い方で合わせるワインを決めるなら、トマトとバジルに合わせたサラダを作ったときはイタリアの爽やかな白。オレンジやグレープフルーツなどの柑橘類と合わせてサラダにしたときはソービニヨンブランなど。どちらにしてもスッキリした白ワインや、スパークリングワインと合わせると美味しいです。

コストコのワインと合わせるなら、カークランドのピノグリージョや、マトゥアのソービニヨンブラン、カークランドのプロセッコやシャンパーニュ、ルイラトゥールのアルディッシュシャルドネなど、スッキリ系の白ワインやスパークリングだったら幅広く美味しく飲めます。

実食記事はこちら↓美味しいアレンジメニューや合わせたいコストコワインの紹介もしています。

白カビチーズ

白カビチーズはその名の通り、チーズに白カビを吹き付けて熟成させているもの。カマンベールが有名です。味は国や生産方法によってさまざまです。

コストコの白カビチーズはカマンベールチーズやブリー、天使のイラストが描かれた青い箱の、カプリス・デ・デューなど。比較的癖のない食べやすいものが多いです。

イル ド フランス ミニブリー

イル ド フランス ミニブリー
商品名 ILE DE FRANCE MINI BRIE
生産地 フランス
内容量 25g×15個
価格 ¥1,568
組み合わせ スッキリ~コクのある白 軽め~ミディアム赤 スパークリング

ブリーはフランスのブリー地方で作られるチーズ。原料乳は牛乳でできていて、穏やかなコクとクリーミーな味わいが魅力のチーズです。カマンベールに似ていますね。

カマンベールとの違いは?

ブリーはカマンベールチーズと似ていますが、カマンベールはノルマンディー地方が原産。サイズがブリーの方が直径が30cmと大きく、カマンベールチーズが12cm程度の大きさ。

コストコのミニブリーは白カビもうっすらと吹き付けらている程度で、クセがなく柔らかくまろやかで、そのままおやつやおつまみに食べても、料理に使っても美味しく食べることができます。

合わせたいワイン

フランスのチーズですが世界中で好まれて食べられているものなので、ワインとの汎用性も高いです。スッキリ白ワインからちょっと重めの赤、華やかスパークリングワインまで、なんでも美味しく合わせることができますよ(*^^*)

実食記事はこちら。おつまみに、夏野菜のパイに乗せたり、大活躍です。↓

開けたり料理に使った記事は、次回以降チーズごとに公開します。画像の数が多すぎて重くなりすぎるので。

あと、基本合わせるワインはなんでもそれなりに美味しいです(*‘∀‘)いろんなチーズとワインの組み合わせで楽しむのも家のみならではですのでね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コストコチーズコストコ
めっぽをフォローする
週末おうちワイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました