「箱ワインレビュー」やまやの箱ワイン ソルテロ アパッシメント ロッソ 3L「濃いめ赤」

家飲み

やまやの箱ワイン ソルテロ アパッシメント ロッソ 3Lを買いました。

箱ワインとは

その名の通り、紙箱に入って売られているワインです。スーパーのお酒売り場やワインショップなどの片隅でひっそりと売られている、まるでこれに手を出したらおしまいかのようなアレです。

正直あんまりいいイメージがないかもしれない箱ワインですが…

しかし、箱ワインはいいところがたくさんあります。

箱ワインのいいところ
  • コスパが良くて美味しい!
  • ごみ捨てが楽!
  • 開封後も瓶よりも圧倒的に長持ち!
  • 料理に便利!

コスパが良く美味しい

箱ワインはボトルに比べて軽く、しかも四角いので場所を取らない形をしています。コンテナに隙間なく詰めることができますし、衝撃にも強い。これは、単純に輸送費が安く済むという大きなメリットがあります。

これはすなわち、同じ値段のボトルワインより、中身のワインの品質に、よりお金をかけることができるということです。私は1000円台のワインはほとんど飲まないのですが、それはその価格と比較したときに、箱ワインでじゅうぶん美味しく満足だからです。

ごみ捨てが楽

空き瓶重いですよね…。大量にあるとゴミ捨て場まで持っていくのも大変です。マンションでいつでもごみ捨てできるお宅は良いかもですが、我が家は空き瓶の日は月一度なので、空き瓶は場所も取ります。

箱ワインは、飲み終わったら箱を潰して、空になったビニールのバッグを捨てるだけです。軽くて楽、場所も取りません。

瓶よりも圧倒的に長持ち

ボトルワインだとせいぜい3日で飲み切らないと中身がダメになってしまいますが、箱ワインは開封しても空気にほとんど触れない構造になっているため、とても長持ちします。私の家では開封したら冷蔵庫に一応入れますが、2か月たっても中身は美味しいままです。少しずつ熟成が進んでより美味しくなります。

料理に便利

大量に入っているので、料理にとても便利です。赤ワイン煮などは750ml使うこともありますが、ボトルだとケチケチしてしまうところを遠慮なく使うことができます。(≧▽≦)

ダメなところは?

飲みすぎてしまうことです。デキャンタに移して、その日飲む分を調整しておけば飲みすぎることもない…と言いたいところですが、冷蔵庫に無限に美味しいワインが出てくる蛇口ができた感がすごいので、気を付けないといけません。

 

ソルテロ アパッシメント ロッソ 3L

以前同じソルテロのロゼの箱ワインを飲んだことがあって、普段の食事にもすごく合うし美味しくて気に入ったので、赤ワインも買ってきました。

商品名 SOLTERO APPASSIMENT ROSSO
種類 赤/辛口
ヴィンテージ
生産地 イタリア
ぶどう品種
価格 ¥2,178

”陰干しぶどうを使用した芳醇な味わいのシチリア産のバギンボックス赤ワインです。スパイスと熟した果実の香りが感じられるエレガントなワインです。長く続くまろやかな後味が特長です。”

この値段で干しブドウを使うのはコスパ良いですね。干しブドウといえばアマローネだけど、もっと高価ですからね(*^^*)ブドウ品種は調べたけどよくわかりませんでした。

テイスティング

かなり濃いガーネット。

プルーンやカシスの良い香りがします。なかなか濃い黒果実の味わい。カシスやブルーベリー、コショウ。

タンニンは中程度。スミレのような華やかさもあります。酸味は控えめで、なかなか骨格のあるワインです。樽の感じはほとんどなく、濃いカジュアル。

さて、イタリアの濃いめ赤ですので、毎日の日本の和食はちょっとメニューを選ぶかなあ。洋食で、コクのあるトマトソース系か、普通にチーズやナッツとの晩酌で飲むのがよさそうです。

合わせたご飯

やっぱ赤ワインだと濃い味付けのお肉系が多くなりがち、あとは晩酌ですね!和食に合わせるなら、白か、万能なロゼがよいです。

チーズハンバーグ定食

コストコのヴィンテージチェダーチーズをのっけました。これは赤ワインとバッチリでした(*^^*)

豚丼

しょうゆとお砂糖の甘じょっぱい味付けで美味しかった。白もいけると思います。

やっぱ晩酌がおすすめ!

パルミジャーノレッジャーノとナッツ、枝付きレーズンで永遠に飲める(*^^*)美味しいです!

毎日のご飯にあわせるなら、同じソルテロの、ロゼの方がおすすめですね。晩酌でゆるく赤ワイン飲むなら十分なおいしさでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
家飲み箱ワイン
めっぽをフォローする
週末おうちワイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました